熊野精工4つの強み

1 量産を見据えた提案力

『こうすれば できる』 難課題解決に
技術部・製造部・品質部が連携

自動車関連を中心に、過去の様々な製品の設計要件、金型設計、工程設計、課題などを社内データ化。
お客様が求める品質の把握に努め、経験豊富な金型技術部・製造部・品質保証部が連携し、量産前図面の段階から実現可能な部品形状・工法をご提案。
難しい課題も徹底したヒアリングと発想力、積み上げてきたノウハウで多方面からアプローチし、お打合せの場では、製造可否・改善提案の一次回答を目指します。

難課題解決への取り組み

プレス金具の異素材・板厚・めっき仕様に対応

お客様のニーズが多様化しているなか、プレス金具の金属異種材質の組合せ、板厚違い、めっき仕様違いなど、様々な組み合わせによる幅の広い提案・実績があります。

インサート金具の点数増加に対応

組立時の部品点数の削減として、ご要望の多い子部品の一体化。
端子先端と根元をキャリアで繋ぎ、最終的に型内で分断と樹脂成形を同時に行うなど、部署の連携から生まれたアイデアで金具のレイアウト、型への挿入方法のノウハウがあります。

アウトサート構造にも対応

細く複雑なプレス金具は、成形後の樹脂収縮による変形で位置関係の精度が保てないことがあり、その端子変形の抑制のためアウトサート成形を選択。併せて、自動ライン化による品質確保と生産性を高めた工程提案の実績があります。

樹脂成形による複数金具の一体化、部品をあえて分割する工法転換など、他にも実績は多数あります。図面上の寸法や機能性をはじめ、お客様での組立て性を考慮しながら、製造面では材料ロスを極力抑えるなど、基本構造を理解した上で、品質懸念点や量産後の維持管理の現実性を踏まえた提案をします。また、インサート金具の自社製造や構成部品の手配も行います。

熊野精工の実績

  • インサート成形品

    バスバー/パワーモジュールケース/コネクタ部品 etc.

  • 成形 樹脂材質

    PBT、PPS、PA(6・46・66)、PPA、SPS、POM、PEI、PS、ABS、PC etc.

  • 業界

    自動車/ガス器具/配管/電子部品/航空機 etc.

  • インサート・
    アウトサート用 金具

    電極/端子/カラー/ナット etc.

  • プレス金具 材料

    銅、黄銅、リン青銅、アルミ、ステンレス、鉄、チタン etc.

TOPに戻る