熊野精工4つの強み

2 自社設計制作のモールド金型・プレス金型

金型設計力と型加工技術

ゲート位置や温調などを最適化するため、樹脂流動解析による事前検証を実施。試作金型の段階から量産時に想定される不具合を最小限に抑える金型構造を検討。
これまでに培った設計力と型加工技術で完成度の高いモールド金型、および、インサート金具用プレス金型を設計・制作・組立します。

試作簡易型と試作品

お客様の要求仕様や図面要件、製品形状を考慮し、金型構造を決定。また、樹脂の流動性、ガス発生量、収縮率などの過去の立上げや生産の履歴から樹脂特性を把握した上で、成形条件を設定します。
お客様の評価や開発ステップに合わせて、試作簡易型から”成形品”を制作します。

試作品評価

寸法の確認にはじまり、樹脂材料・製品形状によって現れるバリ・ガス焼け・ヒケ・ショート・ガラス配向などの外観不良やボイドなどの内部欠陥を検証。
また、お客様の仕様変更、それに伴う金型改造や成形条件の調整などは、自社工場でトライ成形し、いち早く”成形品”に反映。製品の改善状況をフィードバックします。
お客様の組立工程の自動化が進むにつれ、部品単品の要求精度も高くなるなか、量産図・量産金型前の懸念事項の洗い出しと試作評価を十分行います。

金型技術部の保有する検査機器

キーエンス製の3Dスキャナー。試作段階の”成形品”とCADデータとを画像比較し、図面とのズレや差分などを確認します。その他、三次元測定機や測定顕微鏡なども保有。金型製造の現場にも、即時確認用として測定顕微鏡を設置しています。

自社設計制作の検査治具・治工具

製造現場で使用するプレス部品の検査治具、治工具を自社で設計・制作。
インサート金具の変形などを工程内で確認。良品であることを確認する一方で、不具合の予兆などをいち早く発見し、即時対応します。

金型カルテ・定期メンテナンス

モールド金型、プレス金型の設計・制作履歴、またショット数に対するメンテ頻度の取決めに従い、実施したメンテナンスや修理内容を金型カルテとして管理。モールド金型とプレス金型の双方を熟知した技術者が日々の品質を維持しています。また、万一のときには、経過を遡った過去の状況変化を確認します。

TOPに戻る