熊野精工4つの強み

3 インサート成形・プレス成形

竪型・横型のインサート成形 汎用射出成形

車載部品を中心に、生産比率はインサート成形が6割、汎用射出成形が3割。小ロット多品種や多数の金具をインサートするのに適した竪型成形機、複数個の端子を一度にセットできる量産性に優れたロータリー成形機も多数保有。

竪型成形機(35~150 ton)
横型成形機(40~180 ton)
竪型ロータリー成形機(35~220 ton)

金属プレス抜き曲げ工程を組み込んだフープ型インサート成形

手動またはロボットを使い金型に金具をインサートする方式以外に、コイル状の金属材料をラインに投入してプレス加工したものを成形後に切り離す方式(フープ型インサート成形)を自社開発。さらに、センサーやカメラを配置し、人の手を介さない、最大24時間稼働の自動成形ラインも構築。
また、金属材料(コイル材)を2本供給し、プレス工程内で、2枚重ねや結合を行い1本のコイル材を製造する技術も開発。自社開発のフープ型インサート成形は、より安定した生産と省力化・省人化を実現します。

プレス成形

油圧・高速プレス、メカプレス、ACサーボプレスを保有。10tonから最大160tonのプレス機によるインサート金具を製造しています。
2019年7月には、300tonのプレス機を導入します。

組立て・半組立て

仕様や要望に沿って、お客様の現場で組み立てしやすいように、半組立てして出荷することも可能です。
また、人の手にしかできない作業を除いて、コネクタ部品のリテーナへの防水ゴムの一次係止、成形品へコンデンサを嵌めてのネジ締めなど、自動機によるアッセンブリーも実績があります。

TOPに戻る