熊野精工4つの強み

4 重要保安部品で培われた品質保証

高精度・複雑形状品の保証

評価レベルが年々上がる寸法測定、ミクロンレベルの評価、測定しにくい形状・C面・R形状の画像測定などに対応するため、様々な検査体制を整備。樹脂内部を確認するためのX線・CT検査機を揃え、一部の仕様決めに影響するスペック評価にも対応。 また、寸法測定以外の機能担保として、電通検査やリーク検査も多数経験。必要に応じて、外観目視検査、ラインでの画像判定による全数検査も行います。

  • 三次元測定機をはじめとする寸法測定

  • サブミクロンレベルの測定顕微鏡

  • 3Dスキャナー

  • 部品内部を観察する非破壊検査のX線検査・CT検査

  • 画像寸法測定機

  • 高さ・平面度測定機

  • デジタルマイクロスコープ

  • リーク検査

自動ラインの検査工程

通電検査

自動成形機、またフープ型インサートのライン内で様々なタイプの通電検査を行っています。

画像判定によるインサート金具のセット不良防止

手作業によるミスを極力排除するため、インサート金具のセット時に位置や欠品を監視カメラで撮影・確認します。

部品位置をカメラで確認

インサート金具の端子などの位置を確認して次工程へ送ります。

フープ型インサート成形ラインの検査工程

機能要件に合わせて、電通検査、外観検査、リーク検査まで自動ライン化します。

外観検査

自動ライン化され、カメラやセンサーなどの導入により、不良品発生は少なくなるなか、外観レベルが厳しく設定される案件では、箇所や外観程度を事前にお客様と整合した上で、目視検査を実施しています。

自社設計制作の測定治具

図面に記載のないお客様の詳細な仕様や組立ラインでの組立方法を極力把握し、測定治具を自社で設計・制作します。
案件によっては、図面通りの成形品であっても、お客様の現場では組付かないなどのトラブルケースを想定し、適切な寸法保証を検討したのち、お客様と整合します。

生産データの履歴・量産立上げ管理

生産状況・工場内の温度や湿度、対応人員まですべての情報をデータとして保管。全体の流れを把握・共有し、より良い製造工程をつくります。
一方で、成形ロットごとのバラツキ、成形不良が発生した際は、早期に検知し対応。万一のときは、原因を特定するためのエビデンスとして活用します。
量産立上げ時の資料作成、条件出し履歴や工程能力値などのデータによるエビデンス管理、量産移行後の初期流動管理や変化点管理も実施しています。

クリーンルーム

クリーンルームを金山新工場(2019年竣工)に完備。異物が混入しにいく環境を作り、画像検知と併せた検査体制を整えました。

ISO9001/ ISO14001による管理体制

ISOに則り、工程内・出荷前品質管理を徹底した管理体制を整えています。
また、製品の品質を左右する金型においては、特に厳しい管理体制を整え、ひとつひとつの金型にショット数に応じた取決めを行い、定期メンテナンスを行ないます。 金型破損時の修理も行なう事から、「弊社のHospital」と呼んでいます。

■環境方針
当社樹脂製品・金型を製造していく中で、社会に寄与すると言う理念の基に、地域との調和を図りながら環境にやさしい企業を目指します。
また、この地域が緑豊かな自然に恵まれている事に考慮した企業活動、省資源、省エネルギーへの取組みを行なうために、環境保全管理を行なっています。

■品質方針
お客様に最大の満足を提供できる品質体制を構築し完全に機能させることで、お客様が安心できる製品を製造し供給します。

■適用範囲
当社で製造する製品及びサービスの品質保証業務全般、当社が管理できるもの及び当社が影響を及ぼすことが出来るものとして当社が特定する環境側面全般に適用する。
尚、製造する製品は下記のように大別する。

1.金属プレス用金型及び射出成形用金型の設計並びに製造
2.金属プレス加工及び射出成形加工並びにこれらの加工品の組立

適用サイト:三重県熊野市有馬町1491-1

TOPに戻る